MENU


小児歯科

小児歯科

当院の小児患者様への対応には、特色がございます。特に大原則となりますのは「泣いたり暴れたりするお子様を押さえつけて治療はしない」という点です。

これだけですと聞こえは良いのですが、言い方を変えますと「泣かずに動かずに治療が出来なければ、治療は行わない」という事であります。

この理由とは、2点あります

① 歯科への恐怖心というトラウマを幼少期に与えたくない
② 安全の確保

というものです。

まず①ですが、従来通りに泣き叫ぶお子様をスタッフと親御さんで押さえ付けて治療したとします。おかげで乳歯の虫歯は治癒すると思われます。しかしお子様には強い歯科への恐怖心が残ります。2回目、3回目も泣き叫ぶと思います。また中学生・高校生・社会人になり保護者の手から離れた時に虫歯になった場合、果たして自分の意思で歯医者に行こうと思うでしょうか?

次に②ですが、治療の際には必ず切削器具(いわゆるドリル)を使います。静止して治療を受けられる大人の患者様でも、唾を飲み込む等で口の中が動いてしまい、舌やほっぺたを誤って切ってしまう事が残念ながら起きてしまいます。いくらお子様を押さえ付けても頭や口は動いてしまいます。どんなに注意を払っても、残念ながら治療中に事故が起きてしまってるのが現状です。歯科治療とは、常に危険と隣り合わせにあるといえます。

以上の2点が当院の「泣かずに動かずに治療が出来なければ、治療は行わない」という方針の理由であります。
ほとんどのお子様は数回の練習やクリーニング等で慣れて頂き、治療を始める事が出来ておりますが、なかなか治療に至らないお子様にはクリーニングやFッ素塗布といった、怖くない治療を何度も受けて頂き歯科に慣れて頂きます。

初めて歯医者に来て、直ぐに乳歯を治す事も悪いとは思いませんし、小さなお子様を連れて歯科医院に来て下さる親御さんの労力も無視している訳ではありません。しかし現在虫歯になっている乳歯は、必ず数年以内に抜けて永久歯に生え変わるわけです。この永久歯は代えが効きません。目先の(数年で抜ける)乳歯の虫歯を無理やり治し、歯医者が嫌いになりその後の永久歯がボロボロになるよりも、永久歯をしっかりケアする為に歯科医院に定期的に、自分の意思で来院するようなお子様になって頂きたいとスタッフ一同望んでおります。

お子様によって対応は、多少違ってまいりますので詳しい事は診療室で実際にお子様と口の中を診て説明させて頂きます。